2014年01月19日

鳩間島の民宿「くしけぇー家」に一泊

一昨日から昨日まで過ごしてきた鳩間島の民宿を、ご紹介します。

「くしけぇー家」

http://kushikeya.com/

赤瓦の古民家のすてきな宿です。

くしけえや.JPG

どっしりとかまえるオーナー。
若い頃は、石坂浩二に似ていたと豪語。


一番座.JPG

この部屋に泊まりました。
一番座と呼ばれています。



廊下.JPG


どこもかしこも雰囲気があって……


テラス.JPG


母屋の裏には、なんと展望テラスもあるのです。


前のみち.JPG

静かな集落です。
静かな島です。

さて、素泊まりの宿なので、夕食は基本的に食材を持ち込んで料理する
のが「くしけぇー家」スタイル。
少し前から島の商店が閉まっているので、石垣でおつまみやシマ酒は買い込んで
行きました。
しかし

メインディッシュは、現地で調達するのだ!!



やらのはま.JPG

結果はすでに、前述のとおりです。
実は、投げ入れをやり直そうとひっぱったら重くなったので、てっきり
根掛かりしたものと思いきや、平たいものが、ずるずると砂浜にあがってきて、
ばたばたばた!!


ひらめさし.JPG


新鮮ヒラメ刺し身。
さばくのはたいへん難しく、見た目はこんなことになりましたが、
味はもう上等さあ。
前日にオーナーが釣ってあった「ダツ」もあり、

DSC_2481_R.JPG


だつ すみそ.JPG


酢味噌あえに。
酢味噌を作ってくれたのは、近くに住むミュージシャンの、ターキーさん。
そして三人で夕食。
やがて…




ターキー.JPG


みつる.JPG



カラオケではなく、生演奏です。ぜいたくだ!!
年代物の歌詞本を見て、曲をチョイス。
どんな曲でもOKよ、、、のベテラン・ターキーさん
マイク代わりのおはしに、なぜかスナック菓子突き刺して。
南の島に響き渡る、「北国の春」。
ターキーさんの弾き語りは、シャンソン。
私は、最近はまっている「見上げてごらん夜の星を」。

最後はみんなで「アンチェインド・メロディ」の合唱。

どんな宴会やねん!

そんなふうに鳩間の夜は、楽しく更けていきました。
















posted by 西濱陽 at 15:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。