2014年01月09日

南島居酒屋漂流・石垣間の居酒屋をゆく3

二日目の夜がやって参りました。
日中はそこそこ暑かったので、今日のスタートは生ビールといきましょう。

宿から一番近い

「一魚一会」


一魚おもて.JPG


いちぎょいちえ、とい読みます。
いくつか姉妹店がある、人気店です。



ビール.JPG

さっそく、
オリオン、グラス生。480円。
むむむ、やはり、生、そして現地で飲むと、のどごしの感覚が違いますなあ。
泡も優しい。



つきたし.JPG


お通しは、白身魚のフライと、マカロニサラダ。
対象が、やや若いか?(笑)
早すぎてお客がほかにいなかったので、確かめもできず。
四時から開いてるようです。ちなみに、もう五時過ぎてましたけどね。


さしみ.JPG


お刺身三点盛り。980円。
マグロ、クロダイ、そして、右端のが、イラブチャー。
イラブチャーとは、アオブダイのことです。




いらぶ.jpg


この方ですね。
弾力があり、色は凶暴ですが、味は淡泊です。
鯛に似てます。



にんじん.JPG


そして、にんじんしりしり。480円。

にんじんを玉子にからめて炒めた、これも琉球の家庭料理の定番。
シンプルですがバターの風味があり、にんじんが甘くて、
優しい味です。にんじん嫌いの子供もこれなら食べられるかなあ。
「しりしり」専用のおろし金みたいなものも、普通に売ってます。

二杯目は、於茂登(おもと)のお湯割りに。

DSC_2119_R.JPG


グラスで、420円。

泡盛をお湯割りでたのむと、グラスで出てくるところと、
一合&お湯という組み合わせのところとがあります。
どちらにせよ

濃いわ〜
シマ、濃いわ〜

石垣島の居酒屋さん、
今夜も、ごちそうさまでした。

  
さて本日からは、居酒屋漂流は一本ずつの掲載となります。
しっかり二軒回りますが、ここでのご紹介は一軒ということにして、
前述したように「サイト」をたちあげて、あらためて全部ご紹介する予定です。
そして、ブログには毎日一本、八重山・石垣島日記を掲載予定。
乞うご期待〜!  


「南島居酒屋漂流・石垣島をゆく」
「一魚一会」はこちら

http://www.gomao-design.com/hyoryu_hp/page/no.3/ichigyo.html




posted by 西濱陽 at 11:24 | Comment(0) | 南島居酒屋漂流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。