2014年03月31日

京都ネタ、もういっちょ

さすがに今日で終わりますさかい(笑)

さて、一泊した翌朝は錦市場へ向かい、まだ開店前からウロチョロと、
店先を覗いて三往復ぐらい楽しみました。


くず.JPG


葛、干し椎茸、ぶぶあられなど購入し、


天神さん.JPG


天神さんにお参りしたあと、

さあランチ!


本当は前夜に友人にすすめられた「カシワ」のお店に行こうと思っていたのですが、
実はわたし、少々風邪気味の上、市場ショッピングの際にコロッケやハモの天ぷら、
焼き餅などを、たんと食べ歩いたため、昼食は少しあっさりしたものを所望。
市場通りにある八百屋さんの二階の和食店へと向かいました。


八百屋1.JPG


八百屋2.JPG


その名も「やおやの二階」。
京都らしい、優しいお味でしたが


さすがに物足りないっ!


隣の席のお婆さんでも「ごはん、おかわりできますか」と訊くお上品な量。
繰り返しますが、おばんざいはすべておいしゅうございました。
量的な不満は、午後のどこかで取り返そうではないか、ということにし、店をあとに。


お天気も良かったので、三十三間堂へ向かいました。

1001体の千手観音さまがたを拝んだあと、廊下に出ると、
春爛漫。


三十三廊下.JPG


三十三.JPG


三十三桜.JPG


桜の季節の始まり。
一週間ズレてたら、えらい人出だったことでしょう。


さらに友人と伏見稲荷へと向かいました。

 * お稲荷産の映像はありません。ご想像ください。


で、参道にある焼き鳥屋さんで



伏見1.JPG

煮込みは関西風。


伏見2.JPG


うずら焼き。
香ばしく少し骨っぽいのが特徴です。
おいしゅうございました。



友人の披露宴のおかげで、久しぶりに京都を楽しめました。
感謝感謝感謝。




















posted by 西濱陽 at 13:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

京都の宿

京都の話、まだ続きますねん。

大阪に住んでいた時には、京都で泊まるということなどなかったものです。
で、今回宿泊にあたりふと、普通のホテルでは面白くないのではないか、と。
一月に石垣島のゲストハウスで楽しい思いをしたニシハマは、
「 そうだ、京都には絶対面白いゲストハウスがあるはず! 」と、
検索したのです。
ありました、ありました、とても素敵なゲストハウスがっ!

太鼓や5.JPG


「太鼓屋」さん。

百年以上歴史のあるという町屋のゲストハウスです。



太鼓や3.JPG


玄関がいきなり可愛い。


太鼓や2.JPG


吹き抜けが解放感をもたらしてます。


太鼓や1.JPG


いちいち素敵。



室内は撮影できなかったので、ここまでですが
一階には和室の個室。一階の共用スペースには大きな炬燵。
夜はライトアップした坪庭を眺められる廊下と、小さな庭のついたお風呂。
急な階段を上がっていった二階にも、和室、そして洋室と女性専用のドミトリー。
なかなか情緒あるゲストハウスで、ほとんどが外国人のお客さんでした。

昨年夏に開業したばかりだそうです。とてもきれいな宿でした。
スタッフの方も、親切で丁寧。
表に出ると、


太鼓や4.JPG


これが昔のお商売でしょうか?

少し歩けば、


六角堂.JPG

「六角堂」

一泊でしたが、風情のある面白い体験でした。
なにより、

安いっっ!




「京都 太鼓屋」

http://taikoya.kyoto.jp/


posted by 西濱陽 at 12:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のリス

りす.jpg

「 隣のリスより、1ドル安くしてますよ 」






posted by 西濱陽 at 09:26 | Comment(0) | 画像ボケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。