2014年02月22日

島の黒糖、石垣の塩

八重山調味料で欠かせないのは、黒糖ですよ、奥さん。
わが家でいつも使ってるのは、


DSC_3300.JPG


波照間島産。
これは今年の新モノです。
二月初めの帰京の前日に、ぎりぎり店頭に並んだのを、
運良く持ち帰れました!!
形は、ゴロゴロしてるけど、口溶けが柔らかなのが、波照間産の特徴。
そして、


DSC_3299.JPG


西表島産。
これも新モノ。
四角いチョコ型(笑)。
こちらは歯ごたえがあります。ワイルドです。
どちらも落ち着いてくると、味に変化が出てくるので、それも面白い。


与那国島、小浜島も黒糖があります。
どちらも四角いタイプ。

しかしウチのレギュラーは、波照間と西表。


砂糖があれば、バランス的には、塩ですね。
有名なのは、石垣島の塩。
「島マース」と呼ばれ、お土産ショップでもいろんなタイプが
並んでます。


今回は、黒糖を大量に仕入れたこともあり、重かったので
塩は買わずに帰りました。
ところが、用があって近所のとある自然食品のショップに行って買い物し、
会員カードを作ったら、
「入会特典です」
と手渡されたのが……


DSC_3292.JPG

石垣の塩!!

「今回、俺を買わなかっただろ、え、お前っ!」

追いかけてきた……!
まあまあ、怒らずに。



さて、テーブル調味料の四番バッターは、


DSC_3301.JPG


「ピイヤーシ」
ピパーツという植物から作られた、島の胡椒です。
独特の香りがあり、そばに入れたり、チャンプルーにかけたり。
脂肪燃焼の効果があると聞いて、必死に使ってた時期もありました…。
(遠い目)
これをかけて食べると、身体はほんとに、ポカポカしますよ。



はあ、石垣の塩とオリーブオイルで島野菜スティックを食べて、
ビールが飲める夏よ、早よ来い。




posted by 西濱陽 at 11:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。