2014年01月16日

本日のリス

りす.jpg

「 ……落ちたように見えますか……やっぱり…… 」



posted by 西濱陽 at 21:46 | Comment(0) | 画像ボケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追記

先日の「南島居酒屋漂流・石垣島の居酒屋をゆく」

『 まるべ 』 篇の追記です。
http://shimanekojima.seesaa.net/article/385213841.html



晴れたら、こんな感じの海岸沿いです。


まるべ海岸 晴れ.JPG

* 撮影日は大潮です
posted by 西濱陽 at 21:40 | Comment(0) | 南島居酒屋漂流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南島居酒屋漂流・石垣島の居酒屋をゆく 11

意表を突いて、今夜のうちにアップ(笑)

今夜は、歓楽街(笑)とは、反対側の大通りサイドの
雑居ビルにある隠れ家居酒屋です。

「番や」



お湯割りコースター.JPG


こちらの居酒屋さんには、コースターのあるところが少なく、
こういうふうに、おしぼりをグラスの下に敷くのが、
昔ながらの習慣だそうです。
生ビールでも、お湯割りでも。

というわけで、今夜も冷えるので暖かいのをいただきました。

泡盛 お湯割りグラス 350円。


で、野菜を食べようと思いましてメニュー見たら、
「アダンのきんぴら」がありました。 390円。

アダンとは、

あだん.jpg


こんなふうに、浜になっている植物です。


あだんきんぴら.JPG


タケノコと、メンマの中間ぐらいの食感で、濃いめの醤油味。
続いても野菜をむいただこう、と決意(たいそうな)。

「島野菜の焼きサラダ」とあるので、迷わずオーダー。
580円。


島野菜.JPG


青いのはオオタニワタリという植物で、向こうのは、
アダン………。


もう、かぶってるやん!


しかし味付けがまったく違うので、楽しめました。
オオタニワタリも、八重山の家庭料理に欠かせない食材で、
民家の庭先に、気さくに生えてます。
天ぷらにしたりもします。
そんなに癖はありません。

ああ、今日は野菜がよくとれた〜〜。


番やおもて.JPG

玄関は、ひっそりと。
おしのび歓迎、的な。
……それ、しのんでないがな。

石垣島の居酒屋さん、
今夜もごちそうさまでした。


「南島居酒屋漂流・石垣島をゆく」
「番や」はこちら

http://www.gomao-design.com/hyoryu_hp/page/no.24/banya.html



posted by 西濱陽 at 20:44 | Comment(0) | 南島居酒屋漂流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石垣に来たら会わなければ 2

ちょっちゅね像には、ちゃんとお詣りできたから、次は!



サザンゲートブリッジの向こう側の、猫たちに会いに行きました。






ちょうどランチタイムで、ボランティアさんが、カリカリを撒いてらっしゃるところでした。



しゃー。
と言いつつ寄ってくる。

公園には50は、いるそうで。



髪型のことは、ほっといて。



あんた、見慣れん顔さーねー



はあ、おなかいっぱい



撫でてもいーよー



海がよー



光ってるさー


人馴れしてるんですわ。
みんな、可愛い。
posted by 西濱陽 at 16:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南島居酒屋漂流・石垣島の居酒屋をゆく 10

おお、もう、10回!!

さて、昨夜は、

「海八」

というお店へ。


「今日はどこに行くんですか?」
と宿の皆さんにもよく聞かれますが、毎日、
ぜんっっぜん、考えてません。
寒かったら、近くへ。
歩きたくなったら、少し遠くへ。
歩いてたら、クーポンを配っていたので、ここにしとくか。
…という感じで入ったのが、本日ご紹介のお店。
企業努力というものですね。

誰がケチやねん!


海八 おもて.JPG



さて、まだ真新しいカウンターだと思ったら、人気が出たので
お店を隣の敷地にも広げ、改装したばかりだとか。

一品目が、クーポンさんによる、サービス品となりまして、


みみがーあえ.JPG



ミミガーとゴーヤの和え物。
これが、昨日登場した「ミミガー」の一般的な料理の一つですね。
さっぱりしてました。ゴーヤの堅さも好みで。

で、ここの名物の一つ。


牛にぎり.JPG


石垣牛のあぶりにぎり。850円。
東京では食べない握りです。
脂に甘みがありました。
寿司飯は、あっさり気味かな。
おろしニンニクが、ちょんと乗ってます。


お湯割り.JPG


お湯割りグラスは、内地の焼酎ふう。
白百合をグラスで。  520円。

そして、そろそろ出回る食材。

あーさー天.JPG


アーサーの天ぷら。600円。
アーサーは海藻。「あおさ」です。
天ぷらにしても磯の香りがたってます。


DSC_2375_R.JPG


石垣島の居酒屋さん、
満月の夜も、ごちそうさまでした。


さてさて実は今日の時点でもう、22軒の訪問を果たしておるのですわ〜



「南島居酒屋漂流・石垣島をゆく」
「海八」は、こちら

http://www.gomao-design.com/hyoryu_hp/page/no.21/umihachi.html















posted by 西濱陽 at 11:43 | Comment(0) | 南島居酒屋漂流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。