2013年11月25日

本日のカピバラ

カピバラ湯.jpg

「 誰に教わったのだ 」




posted by 西濱陽 at 21:04 | Comment(0) | 画像ボケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のコアラ

こあら.jpg

「 マーチ? ふっ………無理無理 」
posted by 西濱陽 at 15:13 | Comment(0) | 画像ボケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八重山の絶品味

八重山の島々には、おいしいものがたくさんあります。
離島の民宿に泊まると、その日釣りたて、とれたての珍しいものも
味わえます。

スタンダードなところでは、魚。

さばく.JPG

素泊まりなので、自分たちで釣って交替でお料理。
こちらは、今日のお魚さばき係の友人。

からあげ.JPG

揚げたのも、同じ友人。

煮魚.JPG

豪快に煮ております。
パパイヤと煮魚!
煮たのは、もちろん友人。


さて、八重山の珍味と言えば…


シャコ中身.JPG

シャコ貝です。方言では「ギイラ」。
外見は、こんな感じ。

シャコ.JPG

見たことある人も多いでしょう。
味は、見た目よりもずっと美味しいのです。
コリコリしてて、ミルキー!!
これも友人が捌いてくれました。

って、全部他人頼みかいっ!!


さて、季節が変わると、西表島ではこんなものも。

がざみ.JPG


ノコギリガザミ、といいます。
マングローブで獲れる、貴重なものです。
蟹というより、ロブスターのような食感、風味。
…らしい。
というのは、私は蟹アレルギーなので試したことがないのですわ。
雌雄が揃うと、味噌や卵を存分に楽しめるから、もう蟹好きにはたまらないとか。


さらに、石垣島の居酒屋ではこんなものも。

めだま.JPG


マグロの目玉のマース煮です。
塩だけで煮た、あっさり上品な煮魚料理です。
もちろん、全身を煮たものがオーソドックスなスタイル。
ま、これは、魚の目玉嫌いの人はダメでしょうね。
アラ好き、トロリとした目玉好きの私にすれば、至福の料理でした。


八重山ならではの魚介の珍味。
東京ではなかなか味わえない。
いや、ぜひ現地で食べたいもんです〜。

お供には、泡盛をお忘れなく〜!!

posted by 西濱陽 at 11:13 | Comment(0) | 八重山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。